POLNARECORD fan michel polnareff / ミッシェル・ポルナレフ レコードカタログ
Top  History France Japan  Concert  1966〜 1975〜  1989〜  Promotion/ Juke Box Tape
FRANCE / フランス
<1966〜1974>
1966
5 AZ EP 1024 (FACE A)
LA POUPEE QUI FAIT NON 
(ノンノン人形)
CHERE VERONIQUE
(僕のベロニック)
(FACE B)
BEATNICK
(ビートニク)
CE QUE JE CHERCHE EST EN TOI
(恋人に捧ぐバラッド)
再プレスジャケットには曲目が印刷される。
6 AZ EP1053 (FACE A)
LOVE ME, PLEASE LOVE ME 
(愛の願い)      
(FACE B)
L'AMOUR AVEC TOI 
(君との愛がすべて)
NE ME MARCHEZ PAS SUR LES PIEDS 
(侮辱)
10 AZ EP 1068 (FACE A)
SOUS QUELLE ETOILE SUIS JE NE?
(人生は星の流れ)
TIME WILL TELL
(愛の証しを)
(FACE B)
L'OISEAU DE NUIT
(夜の鳥と一緒に)
HISTOIRE DE COEU
(初めての愛)
11 michel polnareff 三枚目のEP盤までの曲が網羅されたアルバム。 

最プレスにはmichel polnareffの文字が印刷される。

ファーストアルバムはいろいろなバージョンが発売されている。
>>クリック>>
(SIDE A)
1.SOUS QUELLE ETOILE SUIS-JE NE?
(人生は星の流れ)
2.TIME WILL TELL
(愛の証しを)
3.BALLADE POUR TOI
(恋人に捧ぐバラッド)
4.L'OISEAU DE NUIT
(夜の鳥と一緒に)
5.LOVE ME, PLEASE LOVE ME
(愛の願い)
(SIDE B)
1.HISTOIRE DE COEUR
(初めての愛)
2.BALLADE POUR UN PUCEAU
(青春に捧ぐバラッド)
3.YOU'LL BE ON MY MIND
(僕の心にいつまでも)
4.L'AMOUR AVEC TOI
(君との愛がすべて)
5.LA POUPEE QUI FAIT NON
(ノンノン人形)
AZ LPS 11
1967
2 AZ EP 1089 (FACE A)
TA,TA,TA,TA
(君は友達)
ROSEE D'AMOUR N'A PAS VU LE JOUR ROSEE DU JOUR N' A PAS EU
D'AMOUR (愛の終わりに)
(FACE B)
LEPUAUV'GUITARISTE
(哀れなギタリストの告白)
COMPLAINTE A ICHAEL
(ミカエルへの哀歌)
5 AZ EP1130 (FACE A)
AME CALINE
(バラ色の心)
FAT MADAME
(ファットマダム)
(FACE B)
LE ROI DES FOURMIS
(僕は蟻の王様)
LE SAULE PLEUREUR
(男は涙を流さない) 
11 AZ EP 1151 (FACE A)
MES REGRETS
(君の幸福と僕の悔恨)
MISS BLUE JEANS
(ミス・ブルージーンズ)
(FACE B)
DAME DAME
(愛はあの人の胸に)
1968
2 AZ EP1185 (FACE A)
LE BAL DES LAZE
(ラース家の舞踏会)
LE TEMPS A LAISSE SON MANTEAU
(失われたマント)
(FACE B)
ENCORE UN MOIS,ENCORE UN AN
(ショービジネス候補生)
YA QU'UN CH'VEU
(12章)
7 AZ EP1222 (FACE A)
JOUR APRES JOUR
(恋は人生の想い出)
LES GRANDS SENTIMENTS HUMAINS
(偉大な道徳感)
(FACE B)
PIPELETTE
(門番の娘)
OH,LOUIS
(オウ・ルイ)
  volume 2 シャルルクロ協会のディスク大賞受賞曲。 ファーストアルバム発売からこのアルバム発売までの間にEP盤として発売された曲は19曲あるが、このアルバムにはそれらの中から11曲が収録された。
[SIDE A]
1.JOUR APRES JOUR
(恋は人生の想い出)
2.LE ROI DES FOURMIS
(僕は蟻の王様)
3.ROSEE D'AMOUR N'A PAS VU LE JOUR
ROSEE DU JOUR N'A PAS EU D'AMOUR
(愛の終りに)
4.TA,TA,TA,TA (君は友達)
5.MES REGRETS
(君の幸福と僕の悔恨)
6.LES GRANDS SENTIMENTS HUMAINS
(偉大な道徳感)
[SIDE B]
1.PIPELETTE
(門番の娘)
2.AME CALINE
(バラ色の心)
3.YA QU'UN CH'VEU
(12章)
4.LE BAL DES LAZE
(ラース家の舞踏会)
5.OH,LOUIS
(オウ・ルイ)
AZ LPSTEC 42
11 AZ EP 1244  (FACE A)
POURQUOI FAUT-IL SE DIRE ADIEU
(愛の別離)
RING-A-DING
(リンガディン)
(FACE B)
J'AI DU CHAGRI MARIE
(悲しきマリー)
L'AFFREUX JO JO
(おかしなジョー)
1969
5 AZ SG 75 (SIDE A)
TOUS LES BATEAUX TOUSLES OISEAUX
(渚の想い出)
(SIDE B)
TOUT TOUT POUR MA CHERIE
(シェリーに口づけ)
初版は「シェリーに口づけ」の原題が"TOI VIENS AVEC MOI"と印刷されていた。
AZ EP 1271 (FACE A)
TOUS LES BATEAUX TOUS LES OISEAUX
(渚の想い出)
TOUT TOUT POUR MA CHERIE
(シェリーに口づけ)
(FACE B)
3.MUSIQUE DE RABELAIS (OVERTURE, DANSE DE GARGANTUA, THEME] DE LA MER(海),THEME DES OISEAUX)
”ラブレ”のサウンドドラック的なEP盤。 しかしながらA面の二曲が舞台で使用されたかどうかは不明??
11 AZ SG 123 (SIDE A)
LA MICHETONNEUSE
(ステキなランデブー)
(SIDE B)
DANS LA MAISON VIDE
(想い出のシンフォニー)
LE DISQUES D'OR DES DISQUES  流れからすれば「愛の別離」以降の曲が収録された3枚目のオリジナル・アルバムとして発売されるのであろうが、内容的にはコンピレーションアルバムでファーストアルバムからの曲が4曲、セカンド・アルバムからの曲が4曲、セカンドアルバム以降に発売されたシングルから4曲の計12曲の構成である。
「愛の別離」のEP盤からの4曲が収録されてもよさそうなものであるが・・・・・。
(SIDE A)
1.TOUS LES BATEAUX TOUS LES OISEAUX
(渚の想い出)
2.SOUS QUELLE ETOILE SUIS -JE NE?
(人生は星の流れ)
3.AME CALINE
(バラ色の心)
4.L'AMOUR AVEC TOI
(君との愛がすべて)
5.LE BAL DES LAZE
(ラース家の舞踏会)
5.LOVE ME PLEASE LOVE ME
(愛の願い)
(SIDE B)
1.LA MICHETONNEUS
(ステキなランデブー)
2.LA POUPEE QUI FAIT NON
(ノンノン人形)
3.LE ROI DES FOURMIS
(僕は蟻の王様)
4.TA,TA,TA,TA
(君は友達)
5.TOUT TOUT POUR MA CHERIE
(シェリーに口づけ) 
6.DANS LA MAISON VIDE
(想い出のシンフォニー)
AZ STEC LP 63
1970
3 AZ SG 155 (SIDE A)
UN TRAIN LE SOIR
(今夜の列車)
(SIDE B)
AVEC NINI
(アベク・ニニ)
7 AZ SG208 (SIDE A)
GLORIA
(忘れじのグローリア)
(SIDE B)
JE SUIS UN HOMME
(僕は男なんだよ)
1971
1 Polnareff's 4枚目のアルバムは単にEP盤の曲を寄せ集めしたものでなく、まったく関係のないトータルアルバム的なものとなった。 シングルジャケットバージョンあり。
[SIDE A]
1.VOYAGES(愛の旅人達)
2.NE DANS UN ICE- CREAM
(僕はアイスクリームの中から生まれた)
3.PETITE, PETITE(限りなき愛を君に)
4.COMPUTER'S DREAM(コンピューター夢)
5.LE DESERT N'EST PLUS EN AFRIQUE
(不信という砂漠の中で)
6.NOS MOTS D'AMOUR(愛の物語)
[SIDE B]
1....MAIS ENCORE(しかし,まだ旅は続く)
2.QUI A TUE GRAND'MAMAN(愛のコレクション)
3.MONSIEUR L'ABBE(神父様の結婚式)
4.HEY YOU WOMAN(愛の来訪者)
5.A MINUIT, A MIDI(真夜中の出来事)
(AZ STEC LP 81)
2 AZ SG 266 (SIDE A)
QUI A TUE ND'MAMAN
(愛のコレクション)
(SIDE B)
NOS MOTS D'AMOUR
(愛の物語)
3 AZ SG 299 (SIDE A)
ALLO GEORGINA
(ギリシャにいるジョルジナへ)
(SIDE B)
COMME JULIETTE ET ROMEO
(ロミオとジュリエットのように)
10 AZ SG 337 (SIDE A)
哀しみの終わるとき
(CA N'ARRIVE QU'AUX AUTRES)
カトリーヌの追想
(JARDIN PUBLIC)
(SIDE B)
CA N'ARRIVE QU'AUX AUTRES
UN COUPLE HEUREUX
VALSE VIENNOISE
哀しみの終わるとき(ファイナル)
ナディーヌ・トランティニャン脚本監督の映画“哀しみの終るとき”のサウンドトラック。 主演はカトリーヌ・ドヌーブとマルチェロ・マストロヤンニ。 日本で発売された”哀しみの終るとき”のEP盤には収録されていない曲が収録されている。)
12 LA FOLIE DES GRAND ポルナレフが音楽を担当したジェラール・ウーリーの新作長編映画「大乱戦」のサントラ盤。
[SIDE A]
1.GENERIQUE(大乱戦のテーマ)
2.a)FLAMENCO BLAZE (ブラーズのフラメンコ)
b)ZAPATEADO(スペイン舞曲)
3.THEME MYOSOTIS(忘れな草のテーマ)
4.FUITE DE BLAZE ET ARRIVEE DU TAUREAU
(闘牛とブラーズ)
5.STRIP-TEASE DE LA DUEGNE
(老侍女のストリップショー)
6.LA NORIA(砂漠の水車)
[SIDE B]
1.CAPTURE CESAR(君主危うし)
2.FLAMENCO BLAZE
(ブラーズのフラメンコ)
3.ARRIVEE DU ROI A L'ESCORIAL
(王の到着)
4.THEME D'AMOUR(愛のテーマ)
5.HOMME BLEU(青ざめた男)
6.THEME MYOSOTIS ET VALSE DES COURTISANES
(忘れな草と娼婦のワルツ)
7.TANGO DE L'ARENE(砂漠のタンゴ)
8.THEME D'AMOUR(愛のテーマ)
AZ STEC 115
1972
2 Le Disque d’or Des Disques d’or A  全11曲中、前回のコンピレーションアルバムLE DISQUES D'OR DES DISQUES D'OR以前に発売されていた曲で、どのアルバムにも収録されなかった曲が4曲、そのアルバムと"POLNAREFF'S"との間に発売された2枚のEP盤から3曲、"POLNAREFF'S"から2曲、それ以降発売された2曲の構成。 ”今夜の列車”は収録されなかった。日本で後に発売される”ポルナレフ・ナウ”の原型とも言えるアルバムである。
[SIDE A]
ALLO GEORGINA
(ギリシャにいるジョルジナへ)
GLORIA
(忘れじのグローリア)
QUI A TUE GRAND'MAMAN
(愛のコレクション)
LE PAUV' GUITARISTE
(哀れなギタリストの告白)
DAME DAME
(愛はあの人の胸に)
[SIDE B]
COMPLAINTE A MICHAEL
(ミカエルへの哀歌)
COMME JULIETTE ET ROMEO
(ロミオとジュリエットのように)
JE SUIS UN HOMME
(僕は男なんだよ)
POURQUOI FAUT-IL SE DIRE ADIEU
(愛の別離)
HEY YOU WOMAN(愛の来訪者)
AVEC NINI (アベク・ニニ)
コンピーレーションアルバムDISQUES D'OR DES DISQUES D'ORの第二段。
AZ STEC 115
AZ SG 368 (FACE A)
HOLIDAYS(愛の休日)
(FACE B)
LA MOUCHE(つけぼくろ)
ポルナレフの代表曲の一つとも言える曲であるが、これを収録した”オリジナル・アルバム”は発売されることはなかった。
10 AZ SG 410 (FACE A)
ON IRA TOUS AU PARADIS
(天国への道)
(FACE B)
JE CHERCHE UN JOB(ジョブ)
POLNAREVOLUTIONOLUTION
カセットテープ
[SIDE A]
1.LE BAL DES LAZE(ラース家の舞踏会)
2.TOUS LES BATEAUX,TOUS LES OISEAUX
(渚の想い出)
3.JE CHERCHE UN JOB(ジョブ)
4.QUI A TUE GRAND'MAMAN
(愛のコレクション)
5.LA MOUCHE(つけぼくろ)
6.AME CALINE(バラ色の心)
[SIDE B]
1.DANS LA MAISON VIDE
(想い出のシンフォニー)
2.CA N'ARRIVE QU'AUX AUTRES
(哀しみの終わるとき)
3.GLORIA(忘れじのグローリア)
4.ON IRA TOUS AU PARADIS(天国への道)
5.LA TROMPETTE(トランペット)
6.LOVE ME, PLEASE LOVE ME
(愛の願い)
7.BOOGIE WOOGIE(ブギ・ウギ・ポルナレフ)
11月2日、10月のオランピア劇場におけるコンサート、POLNAREVOLUTION を実況録音したライブ・アルバム。
AZ LP 136
1973
4 AZ 456 (SIDE A)
I LOVE YOU BECAUSE
(愛の伝説)
 
(SIDE B)
ROSY
(ロージーからの手紙)
PHILIPS
6831976
"LES TROIS MOUSQUETAIRES"「三銃士」
EH HOP ON VA TOUT CHANGER/LA CHEVAUCHEE
POUR VIVRE EN LIBERTE /THEME DE CONSTANCE アニメ版「三銃士」サントラ
DOUBLE ALBUM
RECORD 1 RECORD 2
(SIDE A) (SIDE B) (SIDE A) (SIDE B)
ノンノン人形
青春に捧ぐバラード
愛の証を
偉大なる道徳感
ミカエルへの哀歌
12章
人生は星の流れ
恋人に捧ぐバラード
リンガディン
僕の心にいつまでも
悲しきマリー
初めての愛
ラース家の舞踏会
門番の娘
僕のベロニック
オウ・ルイ
ビートニク
男は涙を流さない
夜の鳥と一緒に
ミス・ブルー・ジーンズ
ファット・マダム
愛はあの人に胸に
失われたマント
ショービジネス候補生
AZ 85.022/023
MICHEL POLNAREFF ファーストアルバムで初のステレオミックス。 曲順は日本でのファーストアルバムから”シェリーに口け”を除いた内容。
DISTRIBUTION "IMPACT"となっているがどのようなものなのか? 他のアーチストもこのシリーズで多数発売されている。
(Side A)
愛の願い
生は星の流れ
愛の証を
恋人に捧ぐバラッド
夜の鳥と遺書に
(Side B)
初めての愛
青春に捧ぐバラッド
僕の心にいつまでも
君との愛がすべて
ノンノン人形
IMPACT6371354
1974
ATLANTIC
10 566)
(SIDE A)
TIBILI
(僕はロックンローラー)
(SIDE B)
LA FILLE QUI REVE DE MOI
(ファンクラブの皆様へ)
”アトランティック”レーベルからの発売。
6 POLNAREVE 日本の「ポルナレフ革命」と収録曲は同じだが、曲順とトラックダウンが大幅に違う。 とくに”ファンクラブの皆様へ”と”サーカスへの誘い”が顕著。 日本盤では"POLNAREVE"とアルバムタイトルが表示されていたがフランス盤にはどこにも印字されていない。 日本だけが勝手につけたアルバムタイトルとも考えられる
(Side A)
1. LA FILLE QUI REVE DE MOI
(ファンクラブの皆様へ)
2. LE PRINCE EN OTAGE
(囚われのプリンス)
3. ROSY
(ロージーからの手紙)
4. LA VIE, LA VIE M'A QUITTE
(悲しみのロマンス)
5. LA FILLE QUI REVE DE MOI
(INSTRUMENTAL)
ファンクラブの皆様へ (演奏)
(Side B)
1. LE GRAND CHAPITEAU
(サーカスへの誘い)
2. IL EST GROS
(素敵な欲望)
3. I LOVE YOU BECAUSE
(愛の伝説)
4. POLNAREVE (INTRUMENTAL)
(ポルナレフ革命)
5. TIBILI
(僕はロックンローラー)
6. L'HOMME QUI PLEURAIT DES LARMES DE VERRE
(ガラスの涙)
50106
D'Artagnan I'Intrepide ポルナレフが音楽を担当した”アニメ版「三銃士」”には二種類のアルバムが発売されている。 こちらは音楽のみを収録したもので「超レア」盤である。
SIDE A )
Et Hop On Va Tout Changer /La Valse /Moog /Menuet De Buckingham /Theme Des Trois Mousquetaires /Theme Des Constance /Armee Anglaise /Menuet Du Roi /Theme Du Roi/ Les Mechants
(SIDE B)
Pour Vivre En Liberte /Theme D'Amour De Constance/CavalcadeDeD'Artagnan /LaChouette /La Peur / Theme De D'Artagnan /Lever DuSoleil /Musique De La Mer /Theme De La Reine /La Chevauchee Et Le Combat
Philips 6325 650
Les TroisMousquetaires こちらはストーリーの語りがついていて、内ジャケットも絵本風になっており、レコードを聴きかなが子供が楽しむように作られたものと考えられる。
(Face A)
Theme DEs Trois Mousquetaires /Theme de D'Artagnan /La Chevauchee Et Le Combat /Et! Hop On Va Tout Changer/ Theme De Constance/ La Valse/ Theme Du Roi Theme Des Mechants

(Face B)
Armee Francaise/ Pour Vivre En Liberte/ La Peur /La Chevauchee DeD'Artagnan/ La Mer /Theme De La Rei ne/ Moog /Theme Des Mechants/ Chevauchee Et Cavalcade/ La Chouette/ Menuet Du Roi/ Theme D'Amour De Constance/ Et! Hop On Va Tout Changer
Philips 6325 651
POLNAREFF 内容的には”ファースト・アルバム”(IMPACT6371354)と同じである。 "COLLECTION RECORD"とジャケットには印字されているが、どのような位置づけのものなのかは不明。
(Side A)
愛の願い
人生は星の流れ
愛の証を
恋人に捧ぐバラッド
夜の鳥と遺書に
(Side B)
初めての愛
青春に捧ぐバラッド
僕の心にいつまでも
君との愛がすべて
ノンノン人形
AZ SUC 68013
MICHEL POLNAREFF 1973年発売の”IMPACT6371354”と同内容であるが、表ジャケット右下"にAZ"のロゴが追加された。
(Side A)
愛の願い
生は星の流れ
愛の証を
恋人に捧ぐバラッド
夜の鳥と遺書に
(Side B)
初めての愛
青春に捧ぐバラッド
僕の心にいつまでも
君との愛がすべて
ノンノン人形
IMPACT 6886 604
MICHEL POLNAREFF VOLUME 2 "VOLUME 2"となっているが、これはファーストアルバムである「IMPACT6371354」に次ぐ"IMPACT"シリーズの第二段という意味である。
(SIDE A)
渚の想い出
偉大なる道徳感
リンガディン
愛の別離
僕は蟻の王様
天国への道

(SIDE B)
シェリーに口づけ
愛の来訪者
ロミオトジュリエットのように
ジョブ
男は涙を流さない
僕は男なんだよ
IMPACT 6886 610
POLNARECORD fan   michel polnareff
Top  History France Japan  Concert
  1966〜 1975〜  1989〜  Promotion/ Juke Box

次頁