POLNARECORD fan michel polnareff / ミッシェル・ポルナレフ レコードカタログ    
Top Concert List Olympia '70 Polnarevolution  '72Japan Polnareve '73Japan '75Japan ’75Bergium ’79Japan ROXY ZE TOUR
JAPAN / 日本
<1972 WORLD MUSIC FESTIVAL TOKYO>

1972年11月 初来日

 15日、日本武道館で開かれた「第4回世界歌謡祭」(17日、18日、19日)にゲスト出演のため来日。 ポルナレフは17日、18日の二日間ゲストとして出演した。 また、19日に郵便貯金ホール、20日に東京厚生年金ホールの2回、一般公演も行われた。

17日、日本武道館「世界歌謡際」ゲスト出演。30分程のステージ。オープニングに「ジョブ」を演奏、「トランペット」などを熱演。
18日、「世界歌謡際」2日目
19日、一般公演初日、郵便貯金ホール
14:40第1部バックバンドの「ディナスティ・クリジス」の演奏開始
16:00 第2部 開幕
「ポルナレフのステージはまさにロックとロマンの出逢いであった。 幕が開くと銀色に輝くステージ衣装をまとい、4人組のロック・グループディナスティ・クリジスを従えピンクのライトに照らされたポルナレフ姿が現れ、オープニング・ナンバー「ラース家の舞踏会」が始まる。 ポルナレフの動きに合わせてライトの色が変わり、それが銀色の衣装に映えて、 観衆はファンタスティックなポルナレフの世界へと引き込まれる。 そして次々とまさに聴覚と視覚が一体となったステージがくり広げられる。 最後の曲<span lang=EN-US>&quot;</span>サマータイムをとても声とは思えぬ、トランペットの音で演奏、場内は驚嘆、ため息、 そして割れるような拍手がアンコールの拍手へと変わり、場内は 興奮のるつぼと化す。 そしてアンコール・ナンバー愛の願いが演奏されるのである。」
(CBSソニー宣伝資料より)

11 17 東京 日本武道館 ヤマハ世界歌謡祭ゲスト出演 ジョブ、トランペット、愛の休日、その他
18 東京 日本武道館 ヤマハ世界歌謡祭ゲスト出演
19 東京 東京郵便貯金ホール 1.ラース家の舞踏会  2.愛の来訪者  3.渚の想い出  4.ジョブ  5.愛のコレクション  6.つけぼくろ  7.バラ色の心  8.哀しみの終わるとき  9.シェリーに口づけ 10.ノンノン人形 11.愛の休日 12.トランペット  (アンコール) 13.愛の願い 14.ロックンロール・セッション 15.火の玉ロック
20 東京 東京厚生年金ホール 1.ラース家の舞踏会  2.愛の来訪者  3.渚の想い出  4.ジョブ  5.愛のコレクション  6.つけぼくろ  7.バラ色の心  8.哀しみの終わるとき  9.シェリーに口づけ 10.ノンノン人形 11.愛の休日 12.トランペット(アンコール) 13.愛の願い 14.火の玉ロック 15.ジェニジェニ

コンサートパンフレット
(72年のコンサートは有料のパンフレットは販売されなかった。 写真は当日無料で配られていた一枚両面刷りのリーフレットの白黒コピー)
提供:TRさん

「音楽専科」来日特集記事へ

写真へ